FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
募金
    19日と20日に仕事場にて、募金活動を職員にて行い…私も参加しました。


私には、今できることとして、それぐらいしかできません…。
大きな声で…。「義捐金のご協力を御願いいたします」と…。


たくさんの方々にご協力いただき…本当にその時も涙がでそうになり…。


「少ないですけれど…」 って口々にいわれる方が多いように思いました。


少しでも助けにと思われる方がおおいんですね。





別にいいんです…偽善とかいわれても…私自身は別に…。



でも、少しでもやれることをやる…というのは、このご時世必要なことなのではないでしょうか…


節電にしろ…節約にしろ…。


強制してやるべきことでもないような気ましたし…何もいいませんでしたけれども…。



でも、今はすべきところ・すべき時なんじゃないのかな?って思うのです。

いいとか・わるいとかの次元ではなくて…。


しないといけない時なのでは?と思うのです。 身体が勝手にそう動くというか…。


では、電気一つ消しておこうというところも同じだと思うのです。



私たちは、なくなって初めて気付くことが多いと思います。


当たり前だと思っていることも多いと思います。



その当たり前ではないということに気付かされたとき…人間というものは非常に弱くなるのです。



不安を覚えるのです。



便利になったこのご時世…。 有難く思うこころも私自身少なくなって、忘れていっているように思う。


お金だけが、必要ということでもないし…物資だけが必要ということでもないと思うのです。

確かにそうなんですけども…


今、きっと 一番 被災されたかたが欲しいのは、


安心だと思います。



こういうのは、ただ単にお金をだして買うということができません…



家が元通りになったとしても食べるものがたくさんあったとしても…


被災された方の気持ちは元通りにはならないですし、この恐怖の体験・辛い体験は、絶対元通りにはなりません。




絶対消えるものではないと思うのです。


何十年と時が経過しても忘れる事ができない体験なんだと思います。



そこには、きっと安心という二文字は永遠に存在しないようなきがするのです。



そんな不安に立ち向かうためには、きっと「人のぬくもり」だけなのだと思います。

スポンサーサイト
【2011/03/21 21:05】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<原発 | ホーム | 地震>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://puyokko1114.blog84.fc2.com/tb.php/469-09e52dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。