スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
悲しい事件

・彼氏刺されて死亡の記事


不謹慎だとは、思うのですが載せました。
これが、私の立場だったらどうだろうかと思う。


いきなり、刺されたらもうどうしようもないですよね??
彼女をかばい‥‥犯人を70メートル追いかけた‥‥。




現代では、なかなか勇敢に好きなひとの為にという人は少ないように思うんです。
自分の「いのち」を省みずに人をかばうという行動は誇りです。


逆に彼女はこの後が大変‥‥ずっと、その人を背負って生きて行かなければなりません。
死んでいってしまった人のことを背負って。これから生きて行くであろう自分の「いのち」の分だけ
背負って‥‥おそらく、その子は恋愛できなくなってしまうかもしれません。人間不信になってもおかしくない。


私が恋愛した人は、誰かに刺されてしまうかもと思うかもしれない。外にはでられない。
背後から近づいてくる知らない人に恐怖を覚えるでしょう…。
それは、時間が解決してくれるかもしれないけども‥‥



おそらく、忘れることはできないことだと思う。




こんなとき、私はいのちの儚さを思う。




どれだけ、人間って不確実なんだろうかと‥‥これだけ、いろいろなことを便利にしていって‥‥いるのに‥‥







わたし達が絶待死ぬということは、変わらない不変的なこと‥‥





そんないのちの灯火は、はかなくいつでも消える準備はできている。




それを誰が消すのかは、わからない‥‥



自分の行いかもしれないし‥‥はたまたこうやって殺人かもしれないし‥‥車かもしれないし‥‥





いっつも、どんなときでも 自分のいのちの蝋燭を吹き消そうと誰かがしているようなものなのです;



スポンサーサイト
【2010/10/05 15:57】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<しんどい | ホーム | 結婚式>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://puyokko1114.blog84.fc2.com/tb.php/452-135177aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。